Posts

Showing posts from December, 2014

EVOLVED

Image
This is my first time flying with Delta's A330 which was retrofitted with new seats built by Zodiac Aerospace. They made a big leap from previous-generation seats that were introduced in NWA era.
ゾディアック・エアロスペース製の新しいシートを積んだデルタのA330で初めて飛ぶ。ノースウエスト時代に導入された一世代前のシートと比べると、かなり進化した。
These seats offering optimal privacy are basically the same as ones on 747-400. I wonder what kind of seats Delta will bring to the A330-900neo and the A350 XWB they just ordered.
プライバシーが十分にあるこのシートは、基本的には747-400に搭載されているものと同じ。つい最近デルタはA330-900neoとA350 XWBをオーダーしたが、それらの新機材にはどんなシートが用意されるのだろう。

I spotted John, my ex-boss at Wieden+Kennedy Tokyo, on the Japanese version of inflight magazine. Delta A330-300 SEA-NRT. The 619th flight in my lifetime.
日本語版機内誌をめくったら、ワイデン+ケネディ東京での元上司、ジョンを発見。デルタ A330-300 SEA-NRT。生涯619フライト目。

ALMOST LIKE A DOMESTIC FLIGHT

Image
Re-entering the U.S. on a short flight to Seattle. U.S. border pre-clearance is available at Vancouver International. So the rest of the journey has no difference from a US domestic flight.
シアトルへの短いフライトでアメリカ合衆国に再入国する。バンクーバー国際空港ではUS入国のプリクリアランスができるので、その後のフライトはUSの国内線に乗るのと変わらない。
Flying over Tsawwassen Ferry Terminal where ferries to Victoria depart.
ビクトリアへのフェリーが出る、ツワッセン・フェリーターミナルの上空。

Seattle, I'm back. Delta CRJ700 YVR-SEA. The 616th flight in my lifetime.
ただいま、シアトル。デルタ CRJ700 YVR-SEA。生涯616フライト目。

BETTER CHOICE OVER THE GEORGIA STRAIT

Image
Flying back to Vancouver International on Beechcraft 1900 of Pacific Coastal Airlines, a Vancouver-based regional airline who has a network across British Columbia.
パシフィックコースタル航空のビーチクラフト1900でバンクーバー国際空港へ戻る。パシフィックコースタルは、ブリティッシュコロンビア州各地をつなぐネットワークを持つ、バンクーバーベースの地域航空会社。


I flew with Air Canada for the outward journey from Vancouver, but PCA is more fun and relaxed with a smaller 19-seat plane that has a free-seating cabin. And unlike Air Canada, PCA didn't ask me to pay excess baggage charges. I told the pilot this was my first flight with them and he said, "You need to fly more with us."
バンクーバーからの往路はエアカナダで飛んだが、PCAはより小さな19席の機体を使い、座席指定はなし。だからこちらの方がのんびりしていて楽しい。しかもエアカナダとは違って、荷物の重量超過料金を支払う必要もなかった。「このエアラインで飛ぶのは初めてだよ」とパイロットに言ったら、「もっと使ってよ」と返された。

On final to RWY 26L. PCA flights arrive at South Terminal which is connected with Main Terminal by shuttle buses. Pacific Coastal Beechcraft 1900C YYJ-YVR. The 615th flight in my lifetime.
ランウェイ26Lへオンファイナル。PCAのフライトは、シャトルバスでメインターミナルと結ばれているサウスタ…

BRITISH COLUMBIA AVIATION MUSEUM PART3

Image
Do you remember Canadian Airlines?
カナディアン航空を憶えていますか?

Once there were Airlines' city offices in Tokyo. And they had big plane models like this.
その昔、東京には航空会社の市中オフィスというものがあって、そこにはこのような大きいエアプレーンモデルがよく置いてあった。

North American Harvard, a variant of T-6 Texan, wearing Royal Canadian Navy color.
カナダ海軍色をまとった、T-6 テキサンの派生機、ノースアメリカン ハーバード。

This water bird has a characteristic propeller in pusher configuration. Republic RC-3 Seabee.
推進(プッシャー)式プロペラがユニークな水鳥、リパブリックRC-3 シービー。

Noorduyn Norseman. A tough bush plane built in Canada who has fat legs.
こちらはノールダイン ノースマン。ぶっとい脚を持ったカナダ生まれのタフなブッシュプレーン。

BRITISH COLUMBIA AVIATION MUSEUM PART2

Image
Here is the highlight of the museum. A Vickers Viscount of Trans-Canada Air Lines, the former name of Air Canada, in super mint condition. This Type 757 was built for TCA with upgraded Rolls-Royce Dart engines. I think she needs to be designated as a Canadian national treasure.
こちらがミュージアムのハイライト。超ミントな状態に保たれたトランスカナダ航空のビッカース バイカウント。トランスカナダはエアカナダの旧名で、このタイプ757はアップグレードされたロールスロイスのダートエンジンを積んだ同社向けのモデル。カナダの国宝にするべきだと思う。

BRITISH COLUMBIA AVIATION MUSEUM PART1

Image
I visited British Columbia Aviation Museum adjacent to Victoria International Airport. This is a hidden gem in Vancouver Island.
ビクトリア国際空港に隣接するブリティッシュコロンビア・アビエーション・ミュージアムへ。バンクーバー島はこんなお宝を隠していた。

Eastman E-2 Sea Rover designed and built in Detroit during the 1920s-1930s.
1920年代から30年代にかけてデトロイトで作られていた、イーストマンE-2 シーローバー。

Bristol Bolingbroke MK IV, a Canadian version of British light bomber Bristol Blenheim.
英国の軽爆撃機であるブリストル ブレニムのカナダ版、ブリストル ボーリングブローク MK IV。

Avro Anson MK II. A multi-purpose plane which was primarily used as a trainer.
アブロ アンソン MK II。主に操縦練習用に使われていた多目的機。

A Douglas A-26A Invader which was converted to a fire tanker and operated by Conair, Canada's leading firefighting aircraft provider.
空中消火機に改造され、カナダを代表する消火用航空機のプロバイダー、コンエアによって運用されていたダグラスA-26A インベーダー。

WATER BIRDS CITY

Image
A day in Victoria. I can enjoy the engine sounds of Beavers, Otters, and Twin Otters on the street corner, in the park, and at the breakfast table.
ビクトリアでの一日。街角でも、公園でも、朝食のテーブルでも、ビーバーやオッターやツインオッターのエンジンが奏でるサウンドを楽しめる。

THE FAIRMONT EMPRESS PART2

Image
I like the air only historic hotels can have. And that's something Tokyo keeps losing. 歴史あるホテルだけが持つ空気が好き。それは東京が失い続けているもの。

THE FAIRMONT EMPRESS PART1

Image
Checked into a 106-year-old landmark of Victoria. They gave me a chalet-like corner room with a view of the Inner Harbour.
106年の歴史を持つビクトリアのランドマークにチェックイン。インナーハーバーを見下ろす、シャレーのような角部屋をくれた。

FLYING MAPLE LEAF

Image
Flying to Victoria over Strait of Georgia on a Canadian-built workhorse Dash 8. This is my first Air Canada flight.
カナダ製の働き者、ダッシュ8でジョージア海峡を越えてビクトリアへ向かう。エアカナダで飛ぶのは初めて。

Bold vertical and horizontal lines of wings and a landing gear, plus 6-bladed propeller. I think Dash 8 Q400 looks most beautiful from this angle.
翼とランディングギアが生み出す力強い垂直と水平の線。そして6枚ブレードのプロペラ。ダッシュ8 Q400はこの角度が一番美しく見えると思う。

It's mono-class flight but if you pay an additional fee, you can get a front-row seat.
モノクラスのフライトだが、追加料金を払うと最前列のシートを確保できる。

The southeastern coast of Vancouver Island is an amazing work of nature.
バンクーバー島の南東部沿岸は、自然が作った驚異的な作品。

Arrived at YYJ from YVR. A majority of Canadian airports have IATA three letter codes starting from Y. Air Canada DHC-8 Q400 YVR-YYJ. The 614th flight in my lifetime.
YVRからYYJに到着。カナダの空港の多くは、Yから始まるIATA3レターコードを持っている。エアカナダ DHC-8 Q400 YVR-YYJ。生涯614フライト目。