Posts

Showing posts from November, 2008

2 DAYS TO GO BEFORE OYKOT

Image
Celebrating WKT's 10th anniversary, we will hold an exhibition called "OYKOT:WIEDEN+KENNEDY TOKYO 10 YEARS OF FUSION" in the middle of Ginza, Tokyo, from December 2nd through Christmas Eve. Our biggest challenge was how to show "WKT-ism" at quite conventional venue regularly used by Japanese ad society. Now every office member is working so hard here to make our deadline and make our vision into reality. This year-end, Ginza will have more than shopping and dining. Opening party will be from 1730 on 2nd Tuesday, and it will be followed by kick-ass after party produced by Akio, WKT's Producer/Art Buyer, at "Desert Rose". Detailed info is available here. Bring your friends. See you there.
WKTの10周年を記念して、「OYKOT:WIEDEN+KENNEDY TOKYO 10 YEARS OF FUSION」というエキジビションが東京・銀座のど真ん中で、12月2日からクリスマスイブまで開催される。僕たちにとって最大のチャレンジは、日本の広告業界が頻繁に利用する「いかにも」な場所で、いかに自分たちらしさを表現するか、ということにあった。今、オフィスのメンバーたち一人ひとりが、オープニングのためのスケジュールに追いかけられながらも、自分たちのヴィジョンをカタチに変えようとこの場所で頑張っている。今年の年末、銀座は…

HORAI PART3

Image
Beautiful hot spring bathroom by Kengo Kuma, an architect who's joining Artist iGoogle WKT produced. WKTがプロデュースしたアーティストiGoogleにも参加してくれている建築家、隈研吾氏による美しい温泉浴場。

HORAI PART2

Image
Tranquility of autumn.秋の静けさ。

HORAI PART1

Image
Weekend with hot spring. At Horai, in Izusan near Atami.
温泉のある週末。熱海の近く、伊豆山の蓬莱にて。

ATAMI WEEKEND

Image
On a Kodama not-so-bullet train.
のんびり走る「こだま」号で。

MAKING OF FLIGHTMAN: THAT'S A WRAP

Image
Finally we wrapped up "Flightman" shooting. An unforgettable week is over, and now the team is having a wrap party at fish restaurant in Azabu Juban. Brian and Nan will go back to NYC and have edit session to make 3 min movie out of 5-hour-long footage.ついに「フライトマン」撮影終了。忘れられない1週間が終わり、ラップパーティのために麻布十番の魚料理の店に集まったチーム。ブライアンとナンはこれからNYCCに戻り、5時間ぶんのフッテージから3分の映画を作るための編集作業に取り掛かる。

NEXT SUNDAY

Image
Next Sunday, I'll be back on the stage for the first time in 14 years and will sing the same song as I was singing when I was a teenager. Detailed information is available here. Contact me personally if you need a ticket.今度の日曜日、14年ぶりにステージに戻り、十代の頃歌っていたのと同じ曲を歌う。詳細はこちら。チケットを、とお考えの方は直接ご連絡を。

MAKING OF FLIGHTMAN: SNAKE LEGS

Image
"Flightman" also features myself as a singer. The crew came to the rehearsal studio to shoot my Whitesnake tribute band, Snake Legs.「フライトマン」はシンガーとしての僕も取り上げる。僕が参加するホワイトスネイクのトリビュートバンド「スネイクレッグス」を撮影するために、クルーはリハーサルスタジオへ。
Brian and Nan checking AC/DC on Guitar Magazine. ギターマガジンに載っているAC/DCをチェックするブライアンとナン。

Snake Legs. Our first show will be on 30th November. スネイクレッグス。初めてのステージは11月30日。

MAKING OF FLIGHTMAN: MY PARENTS' HOME

Image
The film crew visited my parent's home to shoot my father (third left) and mother with me. Now it looks like the movie is depicting multiple layers of my life, not only my aviation hobby. We welcomed Ms. Mipo O (second right), a Sundance Award-winning film director for our domestic Kumon TVCM, who wanted to check what's going on with Flightman team. クルーは僕の両親の家にやってきて、父(左から3番目)と母も僕と一緒に撮影した。この映画はもはや僕の航空趣味だけを描くのではなく、僕という人間の様々なレイヤーを描くものになりつつある。「フライトマン」のクルーが何をやっているのか見てみたい、と僕たちのKUMONの国内向けTVCMのディレクターであるサンダンス受賞映画監督、呉美保さん(右から2番目)が見学に来てくれた。
Brian enjoying my father's automatic massage chair. 父の全自動マッサージチェアを楽しむブライアン。
Checking my father's cockpit with red grand piano. 赤いグランドピアノがある父のコクピットを確認中。
British lady with British Band. Nan liked my 1980 Whitsnake vinyl. 英国女性と英国のバンド。僕が持っている1980年もののホワイトスネイクのアナログ盤が気に入ったナン。

MAKING OF FLIGHTMAN: DOWNTOWN TOKYO SHOOT

Image
With Brian, in front of a live music club in Meguro I used to play regularly when I was a university student.大学生の頃、定期的に出演していた目黒のライブハウスの前で、ブライアンと。
Brian at Budokan, the sacred shrine of hard rock in Tokyo. He used to play in Dio tribute band as a bassist. When I was a teenager, Dio's concert at Budokan which I had bought a ticket for was cancelled for some reason and the promoter ran away. I have never got refund, yet.東京のハードロックの神殿、武道館の前に立つブライアン。彼はかつてディオのトリビュートバンドでベーシストとしてプレイしていたらしい。十代の頃、僕がチケットを買っていたディオの武道館ライブが何故かキャンセルされ、プロモーターが逃げた。未だに払い戻しされていない。
The team arrived at Akihabara, the holy ground of Japanese otaku culture. 日本のオタク文化の聖地、秋葉原に到着したチーム。
On camera, I talk about Japanese hobby culture in front of typical Akihabara game arcade.
秋葉原の典型的なゲームセンターで。カメラに向って日本の趣味文化について語る。

MAKING OF FLIGHTMAN: CHOFU PART2

Image
Learning how to be a marshaller.
マーシャラー見習い。
Helping to push the Socata TB9 back. ソカタTB9を押し戻すのをお手伝い。
Another beautiful sunset with the Cheyenne. ここでも美しい日没。シャイアンと。
Plane sweets in Propeller Cafe next to hangar. ハンガーのお隣り、「プロペラカフェ」の飛行機スイーツ。

MAKING OF FLIGHTMAN: CHOFU PART1

Image
We move on to Chofu Airfield and keep filming inside hangar of Nippon Aerotech. Today, we see their Piper Cheyenne 400LS. The largest aircraft of Piper.調布飛行場へ移動して、日本エアロテックのハンガーで撮影を続ける。今日は同社のパイパー・シャイアン400LSがいる。パイパーで一番大きい航空機。
They say there are only 2 Cheyennes in Japan now. The other one belongs to The Mainichi Newspapers, the publisher of Harada-san's novel. いま日本にシャイアンは2機しかないそう。もう一つは原田さんの小説の出版元でもある、毎日新聞社が所有。
Capt. Matsuura from Nippon Aerotech helped us to shoot inside hangar, and even inside Cheyenne. He also generously accepted our sudden request for appearing in our movie. 日本エアロテックの松浦機長が、ハンガーの中だけでなく、シャイアンの中での撮影も実現させてくれた。そのうえ、突然の映画への出演依頼にも気前よく応えていただいた。
With Harada-san. Capt. Matuura is the one who arranged a surprise party in this hangar with her, on the occasion of our wedding half a year ago, . 原田さんと。松浦機長は、半年前僕が結婚した際、彼女と一緒にこのハンガーでのサプライズウェディングパーティを企画してくれた方。

MAKING OF FLIGHTMAN: SOBA LUNCH PART2

Image
Harada-san's home is close to famous Jindaiji Temple and its neighborhood is famous for soba dishes. She is kind enough to arrange the wonderful soba restaurant for our lunch. We enjoyed another genuine taste of soba, which is something different from Yabu's ones, along with beautiful Japanese garden.原田さんの自宅は有名な深大寺の近く。深大寺と言えば「そば」である。彼女は我々のランチために素晴らしいそば料理店を予約してくれていた。「藪」とはまた趣が異なる本場のそばの味とともに、美しい日本庭園も満喫。

MAKING OF FLIGHTMAN: TEAM NIPPON-GO

Image
The crew visited home of Ms.Maha Harada, an author of "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky", to shoot "Team Nippon-Go" who supports her writing. Harada-san also took part in the interview to be on "Flightman."クルーは「翼をください~Freedom in the sky」の作家、原田マハさんの自宅へおじゃまして、彼女の執筆をサポートしている「チーム・ニッポン号」を撮影。原田さんご本人も「フライトマン」に出演。インタビューを受ける。
"Team Nippon-Go". From left: Yanagi-san, an editor of The Mainichi Newspapers for Harada-san, Harada-san, and Yabe-san from Mori Building who is an expert in military aviation. Now team is discussing technical specification of "Nippon-Go" over the reference Yabe-san has brought in. 「チーム・ニッポン号」。左から:原田さんの編集者、毎日新聞社の柳さん。原田さん。そして、軍事航空分野のエキスパート、森ビルの矢部さん。ただいま矢部さんが持ち込んできた資料をもとに「ニッポン号」の技術的スペックについて議論中。
The precious first edition of Amelia Earhart's "Last Flight" in Harada-san's study.
原田さんの書斎にあるアメリア・イアハートの「ラストフライト」。貴重な初版本。

MAKING OF FLIGHTMAN: NRT PART3

Image
We continue shooting on the balcony of Museum of Aeronautical Sciences. Photo: Nan Sandle
航空科学博物館のバルコニーで撮影を続ける。
NRT RWY 34L end. Delta's 777 is ready for another transpacific flight.成田のランウェイ34Lエンド。デルタの777が再び太平洋横断の旅へ。
NW747-400. Great airline. Great plane. Great sunset. Great landing. Can't believe this sight will be vanishing very soon. ノースウエストの747-400。素晴らしいエアライン。素晴らしい航空機。素晴らしい日没。素晴らしいランディング。この光景がまもなく消えていくのが信じられない。

T2'S 1ST ANNIVERSARY

Image
Today, T2 celebrates 1st anniversary. This blog has got more than 14,000 visitors and almost 5,000 unique visitors in one year. Thank you, all the people from 92 countries worldwide. 今日、このブログは1周年を迎えた。1年の間に訪れてくれたのは14,000以上のビジター。そのうち約5,000が重複カウントのないユニークビジター。世界92か国から来てくれたすべての皆さん、ありがとう。

MAKING OF FLIGHTMAN: NRT PART2

Image
Inside Museum of Aeronautical Sciences, we keep filming. On 747-400-ish simulator.
航空科学博物館の中に入り、撮影を続ける。「747-400もどき」のシミュレーターで。
This is the one of heroes in Ms.Maha Harada's aviation novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the Sky" which I am helping from a technical perspective of airplanes. "Nippon-Go" (the Mitsubishi Twin-Engine Transport L3M1) that made the very first round-the-world flight as Japanese plane with Japanese crews in 1939. Harada-san's idea is connecting historical trip of this plane with lost American heroine in the sky, Ameria Earhart, who went missing over South Pacific Ocean during her own round-the-world trial in 1937. これが、僕が航空の技術的側面からサポートしている原田マハさんの航空小説「翼をください~Freedom in the Sky」の主人公の一人。1939年、日本人クルーによる日本の航空機として初めて世界一周のフライトを実現した「ニッポン号」(三菱双発輸送機)。原田さんの物語は、この飛行機の歴史的フライトと、1937年の自らの世界一周フライトの途中、南太平洋で行方不明になった失われたアメリカの空のヒロイン、アメリア・イアハートを結び付けたもの。

Another attraction in museum. 747 cabin mock-up with classic JAL seats. 博物館のもう一つのお楽しみ。クラシックなJALのシートを配置した7…