TEAM NIPPON-GO

It's a story of a plane built and flown by Japanese in the late 1930s and a lost American heroine of the sky. The crew of "Team Nippon-Go" supports Ms. Maha Harada to write her aviation novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the Sky" from technical and historical perspectives of aviation. Right: Mr.Toshio Yabe, general manager of Mori Building, a person who built Mori Bulding's world-famous 1/1000 model of Tokyo, also a person who made a short film "Tokyo Scanner" with Mamoru Oshii, a BMW enthusiast, and an authority of military aviation. From left: Ms. Yumi Yanagi, an editor of The Mainichi Newspapers for Ms. Harada. Ms. Sachiko Yamaguchi, a great co-pilot for Mr.Yabe. And Harada-san.
1930年代後半に日本人によって作られ飛んだ航空機と、失われたアメリカの空のヒロインの物語。この「チーム・ニッポン号」のクルーは作家・原田マハさんの航空小説「翼をください~Freedom in the Sky」を航空の技術的、歴史的側面からサポートしている。右:矢部俊男さん。森ビルの室長さんであり、同社の世界的に有名な1000分の1の東京の都市模型を作った人であり、押井守監督とショートフィルム「東京スキャナー」を作った人であり、BMWのエンスーであり、軍事航空分野の専門家でもある。 左から:原田さんの編集者である毎日新聞社の柳悠美さん。矢部さんの素晴らしいコパイロットである山口佐知子さん。そして原田さん。

Comments