Posts

Showing posts from 2008

WKT YEAREND PARTY 2008: MUSIC

Image
We are an ad agency that has own mirror ball. For us, party is serious business.我々は自前のミラーボールを持つ広告会社。パーティで手を抜くことはできない。
WKT proudly presents our resident DJs. First, Nagisa.ダンスフロアを盛り上げるのは、WKTが誇るレジデントDJたち。まず、ナギサ。
Then, Naoki. Shane helps him as a special lighting technician. そして、ナオキ。スペシャルライティングスタッフとして手伝うのはシェーン。
On the floor, Yuko and Mark. フロアには、ユウコとマーク。
Here's somebody who knows what dancing means. Shuhei as always. ダンスときたら、WKTではこの人を抜きに語れない。いつものようにシュウヘイ。

WKT YEAREND PARTY 2008: FOODS

Image
Tonight, the theme is WKT's house party. Everybody brought their own foods.今宵のテーマはWKTの「ホームパーティ」。みんながめいめいに自分の料理を持ち寄る。
Sally helping me to cut organic apples from Nagano I brought in. 僕が持ってきた長野産オーガニックアップルを切るのを手伝ってくれているサリー。
Chef Sue proves his professional-level cooking skill again with his marvelous zouni soup. And he made 2 kinds of them. シェフ・スエはとんでもなく素晴らしい雑煮でプロ級の料理の腕前を再び証明。しかも2種類作っている。
And they taste it. Mai and Kuki in their year-end costumes. で、それを食べる面々。年末コスチュームのマイとクキ。

WKT YEAREND PARTY 2008: RICE CAKE AND TOASTS

Image
It's a bit early for New Year celebration, however this year, the party has started with mochi (rice cake) pounding.
新年には若干早いが、今年のパーティは餅つきでスタート。

Yone-san as a natural-born baseball player.
生まれつきの野球人。ヨネサン。

Ready for kagami-wari (ceremony of Japanese sake barrel opening). 鏡割りの準備が整う。

Yone-san and Michiyo in Japanese enkai party mode.
ヨネサンとジャパニーズ宴会モードのミチヨ。
They are in "Beauty and the Beast" mode. Trish and Hutch.
こちらは「美女と野獣」モード。トリッシュとハッチ。

LOOKING BACK ON OYKOT: AVIATION DAY

Image
No advertising talk today. Airplane only. My talk show with Ms. Maha Harada, Mr. Toshio Yabe, and Ms. Yumi Yanagi from "Team Nippon-Go" was held at OYKOT. I also showed the movie "Flightman" as Japan premiere. More than 100 people filled the venue on busy Saturday at year-end. Website of The Mainichi Newspapers is reporting this session both as an article and as a movie.
今日は広告の話はなし。航空機のみ。原田マハさん、矢部俊男さん、柳悠美さんという「チーム・ニッポン号」のクルーを迎えたOYKOTでの僕のトークライブ。映画「フライトマン」も同時に日本初公開。年末の忙しい土曜日に、100人以上の人が会場を埋めてくれた。このセッションのことは毎日新聞社のウェブサイトが、記事動画の両方で取り上げている。

Production crew for Kumon TVCM and "Flightman" got together to see the event. From left: Akiyama-san, Yas as Japan Producer for "Flightman", Chida-san, Hiro-san who is DP for "Flightman", and Miyamoto-san who came all the way from Osaka. Thank you guys for coming !
KUMONのTVCMと映画「フライトマン」の制作チームがイベントを観るために集まってくれた。左から:秋山さん。「フライトマン」のジャパン・プロデューサーであるヤス。千田さん。「フライトマン」の撮影監督であるヒロさん。そして大阪からはるばる来てくれた宮本さん。皆さん、ご来場ありがとう!

LOOKING BACK ON OYKOT: PDX-TYO

Image
A creative duo, Driscoll & Hutch, who is going back to Portland office after 2 years at WKT had a talk session about thier own view about creativity and what they learned at WK12, WK's unique school at PDX.
WKTでの2年間を終えてポートランドオフィスに戻るクリエイティブ・デュオ、ドリスコル&ハッチのトークセッション。彼らのクリエイティブに対する視点や、WKがポートランドで運営するユニークな学校、WK12で学んだことなどを披露。
With Driscoll's wife, Bonnie. ドリスコルの奥様、ボニちゃんと。
Art work of Mark Jenkins greets guests at the entrance of OYKOT. Kimi, ex-WKT account person, is now a representative for him. マーク・ジェンキンスのアートワークがOYKOTのエントランスでゲストを迎える。マークのレップをしているのは元WKTのアカウントパーソン、キミ

LOOKING BACK ON OYKOT: HIP HOP SUPREME COUNCIL IN GINZA

Image
WKT's Producer/Art Buyer, Akio introduces his roots based on the world of old school hip hop at OYKOT version of "HIP HOP SUPREME COUNCIL." WKTのプロデューサーでアートバイヤー、アキオが、自分のルーツであるオールドスクールのヒップホップワールドをOYKOT版「HIP HOP最高会議」で語る。
We welcomed Mr.Shunsuke Nakamura, TVCM Producer from Aoi Advertising Promotion and hard-core hip hop maniac. 筋金入りのヒップホップマニアック、葵プロモーションのTVCMプロデューサー、中村俊介氏も来場。

LOOKING BACK ON OYKOT: DAY ONE

Image
Mural by SCA CREW.
SCA CREWの壁画。
Flower arrangement in Hikaru Sakuragi style. A wonderful gift filled with his Just-Do-It-ness. フラワーアレンジメント櫻木光流。彼のJust Do It魂が込められた、素晴らしいギフト。
If you can have an ideal boss as your real boss, you must be happy. Yes, I'm a happy guy. He never forgets to give considerations to individuals in the office while handling 7 offices around the world. With my big boss, WK's Global Executive Creative Director, John. 理想の上司が実際の上司だったら幸せだ。つまり僕は幸せ者。この人は世界7か所のオフィスをコントロールしながらも、オフィスの中にいるひとり一人への配慮を決して忘れない。ビッグボス、WKのグローバルエグゼクティブクリエイティブディレクター、ジョンと。

GREEN JAL

Image
Flying back to Haneda on this "Eco" version of the 777. Shaky flight caused no meal and no drink all the way. They gave me just a piece of rice cracker as a souvenir, instead. JAL B777-200 ITM-HND. The 473rd flight in my lifetime.
この「エコ」ヴァージョンの777で羽田に戻る。揺れっぱなしで飲み物なし。ミールなし。代わりにオミヤゲとしておせんべいが一枚。JAL B777-200 ITM-HND。生涯473フライト目。

PLANET OSAKA

Image
Wandering around Minami (south) of Osaka. I am a totally alien here.大阪ミナミを歩きまわる。ここでは完全に異国人。

ANA CROWNE PLAZA OSAKA

Image
Three-day weekend in high season. Ritz-Carlton and Westin are fully booked and I was barely able to get the room at this hotel which just changed the brand name from Osaka ANA Hotel in this October.ハイシーズンの3連休。リッツ・カールトンもウェスティンも満室。かろうじて、10月に大阪全日空ホテルからブランドを変えたばかりのこのホテルに部屋を確保。

OSAKA OKONOMI NIGHT

Image
The delight in the sky continues into the delight on the land. Harada-san, Yanagi-san and I together enjoy local taste of Osaka.空の喜びの後は地上の喜び。原田さん、柳さんと一緒に大阪ローカルの味を楽しむ。

CHEYENNE IN OSAKA PART3

Image
Flying over Kobe City. Port Tower and Kobe Airport are in sight.
神戸上空。ポートタワーと神戸空港がインサイト。
On the coast line of Awaji Island. Altitude is only about 500 feet.
淡路島の海岸線。高度はたった500フィートほどで飛んでいる。
With Yanagi-san in comfortable pressurized cabin. 与圧された快適なキャビンで柳さんと。
With both pilots. Mr. Anzai and Capt. Fujita. Great airmen. 安西氏&藤田機長の両パイロットと。素晴らしい空の男たち。
Another beautiful Cheyenne sunset. 再び、シャイアンを染める美しい夕陽

TOMORROW 4PM IN OYKOT GINZA

Image
Tomorrow. From 4PM. "Flightman meets Maha Harada" Talk Show plus Japan Premiere of my "Flightman" movie at WKT's "OYKOT" in Ginza. Featuring Ms. Maha Harada, Ms. Yumi Yanagi, me, and Mr.Toshio Yabe who couldn't join Osaka Cheyenne flight. Admission free. Free seating. No check-in required. Expecting on-time departure. Don't miss the flight!
明日、午後4時より。「フライトマンMEETS 原田マハ」トークライブ&僕の映画「フライトマン」のジャパンプレミア。銀座のWKT 「OYKOT」展にて。出演は原田マハさん。柳悠美さん。僕。そして大阪でのシャイアンのフライトに参加できなかった矢部俊男さん。入場無料。自由席。チェックイン不要。定時出発予定。お乗り遅れのないように!

CHEYENNE IN OSAKA PART2

Image
Harada-san getting on board.
キャビンに乗り込む原田さん。
Before starting engines check list read by Mr.Anzai. 安西パイロットによるビフォースターティングエンジンズチェックリスト読み上げ。
Harada-san listening to preflight check list reading to get the feeling of departure for her novel. 出発の際の雰囲気を小説に活かそうと、プリフライトチェックリストの読み上げに聞き入る原田さん。
Taxiing to RWY 32R next to JAL MD90. JALのMD90の横をRWY 32Rへタキシー。
Flying over Kwansei Gakuin University paying respects to Harada-san's alma mater. What a triumphal return ! 原田さんの母校、関西学院大学を上空から表敬訪問。なんという凱旋!

CHEYENNE IN OSAKA PART1

Image
As a special treat to the author who is writing a novel on their historical plane "Nippon-Go", Aviation Department of The Mainichi Newspapers invited Ms. Maha Harada to the special flight of their corporate plane "Phoenix II" that departs from their own hangar at Osaka Itami Airport. Harada-san's editor, Yanagi-san from The Mainichi Newspapers, and I also joined this gorgeous tour in the sky over Kansai as the members of "Team Nippon-Go."
毎日新聞社の歴史的な航空機「ニッポン号」の小説を書いている作家への特別なはからいとして、同社航空部が原田マハさんを社有機「フェニクスII」の特別飛行へご招待。毎日が大阪伊丹空港に持つハンガーから出発する。毎日新聞社の原田さん担当編集者である柳さんと僕も、「チーム・ニッポン号」のメンバーとして、この関西上空のゴージャスなツアーに参加させてもらう。
"Phoenix II" is the Piper Cheyenne. This is one of two Cheyennes in Japan, and the other one that belongs to Nippon Aerotech in Chofu was coincidentally in the hangar when we shot my "Flightman" movie there. 「フェニックスII」の機体はパイパー・シャイアン。日本で2機しかないシャイアンの1機であり、もう1機は偶然にも、僕の映画「フライトマン」を調布で撮影する際、そのハンガーの中にいた日本エアロテックの機体。
TCA chart of Osaka a…