Posts

BYE, ISRAEL

Image
Flying to Moscow on Aeroflot's A321. My inbound flight to Tel Aviv used a wide-body jet, but this outbound flight is operated on a narrow-body aircraft.
アエロフロートのA321でモスクワへ向かう。テルアビブまでの往路はワイドボディ機だったが、この復路便はナローボディ。

My favorite chocolate. They gave me two of them.
大好きなチョコレート。2つくれた。

Flying over Cape Greco of Cypress, which has a peculiar shape.
独特な形をした、キプロスのグレコ岬上空を通過。

Landing at Sheremetyevo looking at two Ilyushins (Il-76 and Il-86) that represent the golden age of Aeroflot in the 20th century. Aeroflot Russian A321 TLV-SVO. The 697th flight in my lifetime.
20世紀のアエロフロートの黄金期を代表する2機のイリューシン(Il-76とIl-86)を見ながら、シェレメチボにランディング。アエロフロートロシア A321 TLV-SVO。生涯697フライト目。

BEN GURION BIRDS

Image
Leaving Tel Aviv. Even though I had a short interview at the check-in hall, the security screening upon my departure at the airport was not as terrible as people say.
テルアビブを発つ。チェックインホールで短いインタビューは受けたが、出国時のセキュリティスクリーニングは言われているほど酷くはなかった。

I have now arrived at the air-side without incident, and that means it's time for bird-watching. This is El Al's 767-300 which used to fly for Air Europe and Ethiopian. In the foreground, you see a weird bird character on the vertical stabilizer of Sun d'Or International Airline's 737. Sun d'Or is El Al's subsidiary brand for vacation destinations and charter services.
無事にエアサイドに来ることができたので、バードウォッチングを開始する。これは、かつてエア・ヨーロッパやエチオピア航空で飛んでいたエルアルの767-300。手前にはサンドア・インターナショナル航空の737の垂直尾翼についている、奇妙な鳥のキャラが見える。サンドアは、バケーションデスティネーションやチャーターサービスのための、エルアルのサブブランド。

From Turkey. Onur Air's A321.
こちらはトルコから。オヌールエアのA321。

One of three A320s operated by Israir, an Israeli carrier who has domestic scheduled flights and international charter services.
国内定期便と…

SHALOM MEIR TOWER AND I.M. PEI

Image
I stopped by Shalom Meir Tower, Israel's first skyscraper, and browsed its gallery space called Tel Aviv Center. There, they are introducing 2 unbuilt projects in Tel Aviv by I.M. Pei. It's hard to get information about these projects on the Internet, so I think they are almost unknown. Tel Aviv has too much to discover for architecture lovers.
イスラエルで初めて建てられた高層ビルであるシャロームメアタワーに立ち寄り、その中にあるテルアビブセンターというギャラリースペースを見て回る。ここではイオ・ミン・ペイがテルアビブで計画していた2つのアンビルトプロジェクトが紹介されている。どちらのプロジェクトもネット上で情報がほとんど得られないので、知られざる作品と言えるかもしれない。建築好きにとって、テルアビブは奥が深すぎる。

They also have a scale model of Tel Aviv city. It reminded me of the 1/1000 model of Tokyo created by Yabe-san of Mori Building and his team.
テルアビブ市街のスケールモデルも展示してあった。森ビルの矢部さんと氏のチームが制作した、1000分の1の東京の都市模型を思い出させる。

HECHAL YEHUDA SYNAGOGUE

Image
Checked out the Hechal Yehuda Synagogue, one of the most unique architecture in Tel Aviv, before dusk. They say the design of this synagogue is inspired by the seashells, but to me, it also looks like mandarin rolls.
日が暮れる前に、テルアビブで最もユニークな建築の一つ、ヘチャルイェフダシナゴーグを見に行った。貝殻の形からインスパイアされたデザインらしいが、中華料理の花巻のようにも見える。

ROYAL BEACH TEL AVIV PART2

Image
An afternoon at hotel's poolside. Tel Aviv is such a party city, so you can't expect a quiet time around the pool area.
ホテルのプールサイドでの午後。テルアビブは相当なパーティシティなので、プールエリアで静かな時間を過ごせることを期待してはいけない。

ROYAL BEACH TEL AVIV PART1

Image
I drove my rental car back to Tel Aviv and checked into Royal Beach, one of beach-front hotels, run by Israeli hotel operator Isrotel. They gave me a room with a balcony overlooking the southern part of Tel Aviv beaches. Their room decor is a bit W-esque.
レンタカーを運転してテルアビブに戻り、ビーチに面したホテルの一つ、ロイヤルビーチにチェックイン。ここはイスラエル資本のホテルオペレーター、イスロテルが運営している。もらった部屋はテルアビブの南側のビーチを見下ろすバルコニー付きで、インテリアはちょっとWっぽい。

The corridor leading from the rooms to the elevators is like a gallery.
部屋とエレベーターをつなぐ廊下はギャラリーのよう。

A LEISURELY WALK IN BETHLEHEM

Image
Wandering through the city whose name became the name of stars at the top of Christmas trees.
その名前が、クリスマスツリーの一番上についている星の名前になった街を歩く。

WHERE JESUS WAS BORN

Image
Following the church at the site in Jerusalem where it is believed that Jesus was crucified, I visited the Church of the Nativity in Bethlehem built over the cave which is traditionally considered as the birthplace of Jesus. That means I traveled backward in time from the death of Jesus to his birth in a few days.
キリストがはりつけにされたと言われている場所に建つエルサレムの教会に次いで、キリストが生まれたと言われている洞窟の上にに建つベツレヘムの降誕教会へ行ってみた。つまり、死から降誕まで、キリストの人生を数日で遡ったことになる。


They say this fourteen-point silver star was the "spot".
この銀の十四芒星が「現場」だったらしい。

THE WALLED OFF HOTEL PART2

Image
In any country, travelers who stay at the hotel can ignore the realities and contradictions outside the hotel entrance, while they indulge themselves in comforts enjoying hospitality. However, here at the Walled Off Hotel, the guests have to face these realities and contradictions right inside the property.
どんな国でも、ホテルに滞在する旅行客は、ホテルの外にある現実や矛盾から目を逸らしながら、ホスピタリティに包まれて快適に過ごすことができる。でも、ここザ・ウォールド・オフ・ホテルでは、客はその現実や矛盾を館内で突きつけられる。

THE WALLED OFF HOTEL PART1

Image
One of the highlights of my visit to Bethlehem was the Walled Off Hotel— Banksy’s art project that is a fully-functioning hotel with “the worst view in the world”. I didn't stay at the hotel but had a cold beverage at the lounge filled with his provocative art pieces, and checked out their museum and gallery. I felt even a glass of iced latte I ordered, which tasted as good as those at cafes in Tokyo and the US, was part of ironic art pieces considering the history and current situation of Palestine.
ベツレヘム訪問のハイライトの一つがこれ。バンクシーのアートプロジェクトである「The Walled Off Hotel」。このプロジェクトは、「世界で最も眺めが悪い」ことを売りにしながら本当のホテルとしてちゃんと営業している。今回宿泊はしなかったが、挑発的なアートでいっぱいのラウンジで冷たいものを頼み、ホテルに併設されたミュージアムとギャラリーを見てみた。パレスチナの歴史や現状を考えると、東京やアメリカのカフェで飲むものと変わらない美味いアイスラテでさえ、皮肉なアート作品の一部のように思えた。